ヒゲをおしゃれにする方法

髭の脱毛をして、いつも服装などは無造作そうなのにオシャレに見える、そんな男を目指しているのであれば、まずは髭の種類からチェックし、どんな髭が自分に合うのか調べてみたいものです。

ここでは髭の種類と、気を付けたいポイントについてご紹介しています!

<髭の種類>

〇口髭
口ひげを生やす際、気を付けたいのは髭が唇にかかっていないかどうかです。唇に髭がかかってしまっていると、相手に不快な印象を与えかねないので、特に接客業の方は気を付けたいですね。また、髭の端が唇の端よりも下がっている場合、おじいさんのように老けてしまうので要注意。中国のカンフーの達人のおじいさん、といった雰囲気といえば、近いかもしれませんね。髭の端っこは、若干丸みを持たせ、さらに細すぎないように顔とのバランスを考えるのも大切です。初心者は顎鬚からトライして、口髭は1・2mm程で刈り揃え、徐々に形にすると、シックリ自分の顔になじむ髭ができるでしょう。

〇顎鬚
髭の両端が真ん中の髭よりも濃い場合、頬が丸く見えてしまい逆に髭がデメリットになってしまうことも。彫の深い顔でない場合、海外のセレブの髭やサッカー選手の髭などを真似するとかなり失敗してしまうことも!真似ではなく、自分に似合う髭を追求することが失敗しない一番のコツといえるでしょう。また、口が小さい人が髭を伸ばすと、さらに口が小さく見えることも。バランスを考えて、どうしても髭を作りたい人は、口と同じサイズの髭にすることでバランスをとりましょう。

髭が濃くて悩んでいる方も、脱毛サロンでデザイン髭をお願いする際には、どのような髭が自分に本当に合っているのか、プロとよく相談することが、素敵な髭の第一歩です。男性がデザイン髭にするため、男性専用の脱毛サロンを訪れることも、すでに常識化しているので、まずは相談だけでも気軽にいってみると、良いアドバイスが貰えるかもしれませんね。自分の顔に髭を書いてシミュレーションしてみるのも、お勧めですよ。

ひげ脱毛倶楽部

男性の美へのこだわりとは?

最近、男性でも美にこだわる人が増えているといわれています。どんな「美」にこだわっているのか、ここで見ていってみましょう。

<ムダ毛へのこだわり>
例えば、すね毛、ワキゲ、Vラインのムダ毛ですね。それをツルツルではなく、自然な感じで減らしたいと思う男子、またはツルツルにしたいと思う男子が増えているといわれています。実際ムダ毛サロンも、男子専用のサロンなどがありますしね。特に毛深い男子は、背中の毛、胸毛、指毛、手の甲などはつるつるに、腕の毛は自然な感じの少なさにしたいと希望されるようです。

<髭へのこだわり>
最近脱毛サロンで人気なのが、デザイン髭なるものだそうです。ひげをデザインしつつ脱毛するのですね。そのおかげで、自分の理想の髭の形を実現できるというものです。髭は顔の印象も大きく変わりますので、わかるといえばわかるかも>

<美肌へのこだわり>
実際ドラッグストアに行くと、男性用のスキンケア用品がずらっと並んでいるのをご覧になったことがある方もいらっしゃるかと思いますが、男性用スキンケアも人気です。実際スキンケアを始めてみたら美肌になってきて、それ以来はまってしまった、という方も多いようですね。

<ネイルへのこだわり>
男性でも、ネイルへのこだわりを持った方もいらっしゃいます。キレイな手元を目指し、ネイルを磨いたり、薄いほぼ透明なマニキュアを付ける方も。ネイルの形にもこだわりがあったりと、しっかりケアしている男子が多いのもポイントです。ネイルサロンでも、ネイルをカットしてもらい、形を整えてもらうだけでなんとなく良い気分転換になったとハマる方も多いようです。

<美食材へのこだわり>
男性でも、きれいでいるために、美肌効果の高い食材などを使い自炊する男子が増えているそう。男子の一人暮らし=コンビニ弁当といった一昔前の食生活から、一人暮らしでもしっかりお料理をして体に良いものを食べている男子が増えているのですね。

おしゃれ男子の最新スタイル

みなさんは、オシャレに魅せたいとき、頑張りすぎてしまったりしていませんか?頑張りすぎてしまっているオシャレって、オシャレに頑張っているんだなといった印象は与えられても、それが「素敵」につながらないのが難点。

それでは何がオシャレに魅せるポイントなのかといえば、まずはファッションのNGを避けていくことで、オシャレではない服装に見えるのは避けることができますよね。
ここでは、最新オシャレ男子スタイルについて、ポイントをまとめています。

〇オールブラックコーデはNG
オシャレ=黒、といったイメージがあって、全身黒のコーデをしてしまっている人も中にはいらっしゃいますが…、カメラマンやミュージシャン、または居酒屋のアルバイトなどではない限り、オールブラックは避けたほうが良いかもしれません。上級者のオールブラックコーデは素敵に違いありませんが、オールブラックコーデはそれなりのルックスが大前提になります。背が低くてぽっちゃり体型の人、さらに顔は普通程度であれば、オールブラックコーデ=秋葉原コーデと思われてしまうことも!気を付けましょう。

〇ジャージはNG
子供っぽい服装、ジャージ上下などは絶対にやめましょう。オールブラックも、オールカラフルコーデもNGです。メリハリを付けたコーデを考えてみ増そう。

〇靴は高くてよいものを
昔から言われていることですが、足元はオシャレから。女性は結構、足元をチェックしているものです。スポーツしているとき以外に、くたびれて泥のついたスニーカーを履いていたら、「あーあ」「足臭そう」と思われてしまったりするものなのです。スニーカーなら、コンバース、スペルガなどをさりげなく。でなければ、ちょっとだけ頑張って金額高めの靴を履きましょう。靴が良ければ、服が微妙っでもどうにかなったりするものなのです。

オシャレ男子になるためには、ヘアスタイルや爪の長さなど、トータルで清潔感を漂わせることが手っ取り早いといえるでしょう。それから、ファッションマガジンなどを参考に、お店の人に相談しつつコーデを完成させるのが、オシャレ男子への近道といえるでしょうね!